よくあるお問い合わせ

商品分類別 [防火・耐火ガラス]

30件中 1 - 20件を表示しています。12次ページへ »

Q175:防火設備に複層ガラス及び合わせガラスを使用する場合には、網入ガラス及び耐熱強化ガラスを室外側室内側のどちら側に設置しなければならないのですか?
A:
複層ガラスに耐熱強化ガラス(マイボーカ)をご利用いただく場合は、不意の破損時に、破片が建物の外に落下するのを防止する為、室内側にご使用ください。
複層ガラスに網入ガラスを使用する場合、室外側及び室内側どちらでもご使用になれます。
合わせガラスは破片落下の危険性が少ない為、網入ガラス及び耐熱強化ガラス(マイボーカ)共、室外側室内側のどちらでもご使用になれます。
なお、条例などで規定がある場合がありますので、建築主事等にご相談の上、指導に従ってください。
Q031:熱線吸収板ガラスの網入りはありますか?
A:
製造しておりません。代替品としては「マイボーカ」(耐熱強化ガラス)の熱線吸収ガラスタイプ、熱線吸収板ガラスと網入板ガラスの合わせガラスがあります。
熱割れの可能性が高いことによりマイボーカの熱線吸収板ガラスタイプをお薦めします。
Q021:「マイボーカ」や「ピラン」のエッジ保護テープは施工時に剥がしてもいいのでしょうか?
A:
ガラスのエッジを保護するものですので、絶対に剥がさないで施工してください。ガラスエッジにキズ、欠けなどが発生した場合、十分な防火性能を発揮することができなくなります。
Q032:防火タイプの防犯ガラスはありますか?
A:
網入板ガラスや「マイボーカ」を組合わせた防犯ガラス「ラミセーフセキュリティー」、お見舞金付き防犯ガラス「セキュレ」があります。「サンバランスセキュリティー」などにも該当品種のご用意があります。
Q183:網入板ガラスを使っている部位のガラスを交換する場合、また再度網入板ガラスでなければならないでしょうか?
A:
網入板ガラスを法令上の防火用途以外でお使いの場合は、他のガラスに交換しても問題ありません。
しかし法令上の用途でご利用の場合は、再度同じ品種のガラス、あるいは防火目的のガラス(例えばマイボーカ)が構成に含まれるガラスをお奨めします。
詳しくは各地域建築主事様のご指導に従ってください。
Q022:「マイボーカ」に穴あけ加工はできますか?
A:
穴あけ、切り欠き、円形加工はお受けしておりません。防火性能を確保するために特殊な面取り加工を施しています。
Q184:網入板ガラス・「マイボーカ」・「ピラン」の認定番号はありますか?
A:
網入板ガラスや「マイボーカ」・「ピラン」には認定番号はありません。
但し、「マイボーカ」・「ピラン」は(社)カーテンウォール・防火開口部協会が所管する国土交通大臣認定防火設備において主構成材料として使用される耐熱板ガラスとしての「確認書」があります。
Q023:「マイボーカ」の映像のゆがみは気になりますか?
A:
「マイボーカ」は強化ガラスと同様に熱処理加工をしています。よって、一般のフロート板ガラスと比較して、反射映像のゆがみは大きくなります。
また合わせガラスにすると、透視像がゆがむ場合があります。
Q024:温度が常時500℃~600℃になる部位に使用できるガラスはありますか?
A:
AGCでは特殊なガラスは取り扱っていません。
なお、建築用の一般的なガラスで選択するならば、常時高温になる場所では、「マイボーカ」・「ピラン」・強化ガラスなどになります。いずれも200℃を限度としてください。
Q083:強化ガラスの自然破損について教えてください。
A:
強化ガラスはガラスの表面のキズが成長して、ガラス内部の引張層に達した場合や、ガラス中に残存する不純物に起因するキズの影響により、外力が加わっていない状態で不意に破損することがあります。
強化ガラスの性質を十分ご理解の上、使用部位をご決定いただきご採用の程お願いいたします。
また必要に応じ飛散防止処理を講じてください。
Q025:「マイボーカ」及び「ピラン」にフロスト加工はできますか?
A:
「マイボーカ」のフロスト加工品として、不透視タイプをご用意しています。「ピラン」のフロスト加工品のご用意はありません。
「マイボーカ」や「ピラン」のガラス表面をあとで加工することはできません。
Q084:強化ガラスでは、どうして反射映像がゆがむのですか?
A:
強化加工をする際にガラスを炉の中で加熱し、急冷することによって製造しております。この加熱時にガラスの表面が軟化し、細かな凹凸の状態になるとともに急冷時に反りが生じてしまいます。
ガラス自身を見ても気がつかない程度の微細な凹凸及び反りにより、離れた場所から反射映像をみると、像がゆがんでみえてしまうのです。
「テンパライト」、「HSライト」、「マイボーカ」など熱処理タイプの熱線反射ガラスでは反射映像のゆがみは大きく見えます。
Q187:「マイボーカ」、「ピラン」の最大寸法は何によって決まっていますか?カタログ寸法よりもっと大きくできませんか?
A:
(社)カーテンウォール・防火開口部協会が所管する国土交通大臣認定防火設備上使用することが可能な最大寸法として決められています。
Q026:「マイボーカ」5ミリを非常用進入口に使用することは可能でしょうか?
A:
「マイボーカ」は、強化ガラスと同様な熱処理をしたガラスになります。5ミリ厚以下であれば、使用上制約がないことになっているという例もございます。
しかし最終的な判断は、管轄の消防署等にご確認お願いします。
Q188:「マイボーカ」は屋根にも使えますか?
A:
「マイボーカ」は開口部の防火設備用として確認がとれている主要構成材料です。したがって、開口部以外の部位ではご使用できません。
一般的に屋根葺き材は30分耐火が要求されている部位が多く、その場合には網入板ガラスの仕様が必要となります。
Q027:防火設備に使えるガラスは何ですか?
A:
最も一般的に防火設備にご使用いただけるのは網入板ガラスです。線入板ガラスは使用できません。
また、網の入っていない防火・耐火ガラスの「マイボーカ」、「ピラン」もご利用いただけます。
Q088:ガラスに飛散防止フィルムを貼る場合の注意点を教えてください。
A:
透明フロート板ガラス・強化ガラス・倍強度ガラスに透明フィルムを貼るのであれば、おおむね熱割れ強度上使用可能と思われます。
但し、熱線吸収板ガラスや熱線反射ガラスは透明フロートガラスと比較して日射吸収率が大きいのと、網入板ガラスは熱割れ強度がフロート板ガラスの半分程度であることから熱割れの可能性が高いといえます。
熱割れ可否については色付きフィルム等も含め、フィルムメーカーにご相談ください。
Q019:網入板ガラスの錆割れとは?
A:
ガラスの小口に網が露出しているため、水分等により金網に錆が発生します。錆がひどくなると、体積膨張によりクラックが生じます。
また、金網に錆が生じることによりエッジ強度が低下し、熱割れの原因となる事もあります。
金網を錆びにくくする方法としては、
(1)防錆塗料または、防錆油を塗る。(例えばワイヤーガード、サミックラストエース等)
(2)小口にシリコンシーラントを盛る。
(3)ブチル系テープ巻き+アルミテープ保護等
が考えられます。網入板ガラス以外の防火目的のガラスには網のない「マイボーカ」や「ピラン」があります。
Q173:網入板ガラスの割れについて教えてください。何もしていないのに網入板ガラスが割れました。原因としてはどのようなことが考えられますか?
A:
網入板ガラスは製造時に金網を封入したもので防火を目的としています。割れの要因は主に2種類あり、熱割れと錆割れがあります。
「熱割れ」とはガラスが太陽日射を吸収して温度上昇を起こすことにより生じる熱応力が、ガラス自身の持つ「許容応力」を超えると割れてしまう現象です。
また、ガラスの露出している金属製の網が水分の影響によって錆が発生し、ひどくなると体積膨張によりクラックが生じます。この現象を「錆割れ」と言います。
特に網入板ガラスは金網が封入されているためクリーンカットがしにくく、金属とガラスの熱膨張率が異なるため、エッジ強度がフロート板ガラスの約半分となり熱割れしやすい材料です。
「錆割れ」が起因する「熱割れ」が複合的に生じる場合もあります。このような「熱割れ」や「錆び割れ」を防止するために、日射による熱溜まりなどが生じないような使用状態とする事、錆が発生しないようガラスエッジ部に十分な防錆処理を行う事、サッシの水抜き孔を確保する等の対策が重要です。
網入板ガラス以外の防火目的のガラスには網のない「マイボーカ」や「ピラン」があります。
Q020:防耐火ガラスはありますか?
A:
耐火・防火用の耐熱ガラスとしては、「マイボーカ」と網入板ガラスが防火設備、「ピラン」が防火設備および特定防火設備、「ピロベル」が1時間耐火間仕切り壁にご利用可能です。
ご使用にあたってはガラス以外の構成部材の認定有無のご確認も必要です。

30件中 1 - 20件を表示しています。12次ページへ »