視線制御

ガラスは光を透過し、耐久性に優れる建材です。室内に光を採り込んだり、美しい景観を眺めることができる開口部や、視覚的な空間の広さを維持する透明間仕切り材として使われます。
一方、光を確保しながらも内部を見せず、プライバシーに配慮したい場所にもガラスを使うことができます。