Javascript is disabled.


  • 施工事例
  • カラーガラスの特長
  • ブランドラインナップ
  • カラーバリエーション
  • 設計・施工上のご注意
  • CREATOR'S EYE

設計・施工上のご注意と日常のお手入れについて

 設計・施工上のご注意   マテラック ラコベル
内装専用の商品です。外装では使用できません。
屋内使用でも直射日光が長時間当る場所への使用は避けてください。
浴室など多湿環境でのご使用はお避けください。
下地はガラスの重量を支える強度を持つ、十分乾燥した平面な条件で施工してください。
下地の不陸は±5㎜以内に納まるようにしてください。仕上げをきれいに納めるには、±3㎜以内が理想的です。±5㎜以上になると、不陸の影響で下地の修正が必要となってきます。
目地部のシーリング剤は、ポリサルファイド系シーリング材、無酢酸タイプのシリコーンシーラントまたはPOSシールマルチをお使いください。
ロット違いにより若干の色違いが発生する場合があります。色合せの必要がある場合は全面を同ロットでの施工としてください。特にホワイト、淡色系につきましては、事前に施工店様へのご確認をお願いします。
※色が異なって見える要因
(1)現物の色が異なる 
(2)光源が異なる
(3)見る方向や照明の位置が異なる 
(4)サイズが異なる
(5)背景が異なる
(6)観察者が異なる
  マテラック ラコベル
曲げ加工はできません。
接着剤のご使用にあたっては鏡・壁装材1m2当り、接着面積500㎝2以上としてください。この時、鏡・壁装材を貼り付けする際に3~5㎜厚に均等に潰れるよう、接着剤の打設は厚め(10㎜程度)にしてください。
白色系の下地はミラーマットやボンドの影が映る可能性がありますので避けてください。
ミラーマットはグレー色タイプでの施工をおすすめします。
板厚は4ミリとなっているので、施工時の取扱いには十分ご注意ください。
棚板やテーブルトップなど、特殊な荷重・支持方法などでご使用の場合は強度検討を実施の上、ガラス厚さなど選定ください。
壁材用接着剤としてはPOSシールマルチのグレー色タイプをお使いください。
溶剤タイプの接着剤、およびシリコーンシーラントは使用できません。
表面に金属膜をコーティングした商品です。テーブルトップなど傷つきやすい部位への使用はおすすめしません。
特に、ストーブやコンロなどでガラスが加熱される場合「熱割れ」、「加工材料の劣化」の原因になりますので、加熱される場所への使用はできません。
使用上のご注意について   マテラック ラコベル
常に表面や目地をできるだけ乾燥した状態に保ってください。
汚れは薄めた中性洗剤を用い、やわらかい布で拭いてください。
洗浄後、乾いた布で拭きあげ、目地や下地に水分が長時間残留しないようご注意ください。
頑固な汚れでもカッターで削り取ったり金属タワシやスチールウール、研磨剤入りのナイロンタワシなどは使用しないでください。表面に傷がつく場合があります。
目地の汚れなどに塩素系のクリーナーは使えません。裏面の塗料に悪影響を及ぼす場合があります。

PDFダウンロード

「ガラス壁材の納まり・施工」について(デジタルカタログ)

  • 施工事例
  • カラーガラスの特長
  • ブランドラインナップ
  • カラーバリエーション
  • 設計・施工上のご注意
  • CREATOR'S EYE

CREATOR'S EYE

  • AGC COLORS GUILD
  • 設計士インタビュー 設計士が語るカラーガラスの魅力
メルマガ会員募集中! グローバルネットワークを持つAGC旭硝子が、カラーガラスを中心とした、世界のインテリア硝子最新情報をお届けするメールマガジンをスタートしました! バックナンバーはこちらから

AGC studioでは、カラーガラスの大板サンプルや施工事例を実際にご覧いただけるほか、「HPを見た」とお伝えいただくと、全てのチップサンプルをお持ち帰りいただくことができます。

見本帳(カタログ)・カットサンプルのお問い合せは 旭硝子株式会社 AGCガラスカンパニー カスタマーセンター 0570-001-555

  • 資料請求 見本帳(カタログ)のご請求
  • お問い合わせ カットサンプルはこちらから

ページTOPへ