マイボーカ®

注意事項

設計・施工上の注意

【強化ガラス関係製品のご注意】

●強化ガラスは、フロート板ガラスに比べると表面硬度がやや低いため、フロート板ガラスと同様の取り扱いでも傷がつく場合があります。クリーニング時は、金属製の清掃用具を使用しないでください。

●強化ガラスは「ガラスの中に存在する不純物に起因するキズ」により不意に破損する可能性があります。

●熱処理の影響により、通常の板ガラスと比較して、反射像のゆがみが大きくなります。また、合わせガラスにすると、透視像がゆがむ場合があります。

【マイボーカ】

  • <マイボーカ>は強化ガラスと同じ特性を持っているため、外力がかかっていない状態で不意に破損する場合があります。「強化ガラスを安全にお使いいただくために」を必ずお読みください。
  • <マイボーカ>は、耐熱防火性能を高めるために、エッジに特殊面取りを施しています。また、傷防止用のエッジ保護テープが巻いてありますので、はがさずに施工してください。
  • 外観上普通の板ガラスと区別しにくいため、コーナー1ヵ所にマークが表示されています。(一社)建築開口部協会(旧カーテンウォール・防火開口部協会)が国土交通大臣認定を取得している防火設備に使用する場合は、主構成材料としての耐熱板ガラス品質規格に適合することを示す「fG」マークを表示します。
  • <マイボーカ>に傷がつくと、所定の耐熱防火性能が保てないおそれがあります。以下に示すような運搬時や施工時の傷には、十分注意してください。
    • 運搬、ハンドリングの際のひきずりによる傷。
    • バックアップ材挿入の際の、ドライバーやヘラによる傷(木製や樹脂製器具の使用をおすすめします)。
    • シーリング仕上げの際の、ヘラによる傷(木製や樹脂製器具の使用をおすすめします)。
    • クリーニングの際の、清掃器具による傷(木製や樹脂製器具の使用をおすすめします)。
  • 平板のみで、曲げ加工はできません。また、切り欠きや孔あけはできません。加えて、熱処理しているため、製造後の切断や面取りはできません。実際にご使用になる寸法や形状でご発注ください。
  • <マイボーカ>を使用して防火戸の認定取得をご検討される場合には、必ず事前にAGCまでご連絡ください。

使用上の注意

【マイボーカ】

  • 熱処理の影響により、一般のフロート板ガラスと比較して、反射映像のゆがみや透視ひずみが大きくなります。
  • 常時高温になる場所に使用する場合は、200℃を上限としてください。また、高温に繰り返しさらされる暖房器具などへは使用しないでください。
  • <マイボーカ>を清掃する際には、金属製のカッターやスクレイパーは使用しないでください。また、スクイージを使用する場合には、金属部分がガラスに触れないように注意してください。
  • フロート板ガラスに比べると表面硬度がやや低いため、フロート板ガラスと同様の取り扱いでも傷がつく場合があります。クリーニング時は、金属製の清掃用具を使用しないでください。

防火・耐火ガラスを正しくお使いいただくために

■ 防火設備について

  1. 防火設備は、サッシ枠やガラスなどの構成材料を一体として個別に認定されています。認定を取得したメーカー以外の製品では、防火設備としてご使用いただけませんのでご注意ください。使用できるガラスについては、認定を取得したメーカーなどへお問合せください。
  2. <マイボーカ><ピラン><ヒシワイヤ><クロスワイヤ>は、「(一社)建築開口部協会(旧カーテンウォール・防火開口部協会)」が認定取得している防火戸のメンテナンス用の主構成材料として、認定サッシおよび副構成材料(指定ガスケット、指定シーラントなど)との組み合わせでご使用になれます。ご使用の際には、「(一社)建築開口部協会」が定めた標準仕様書を確認した上で、指定する施工方法、副構成材料(指定シーラント、指定ガスケットなど)を遵守してください。
  3. 建築基準法における仕様規定による防火設備には、鉄材又は鋼材の枠との組み合わせで、網入板ガラス(<ヒシワイヤ><クロスワイヤ>)が使用できます。その他にも枠材質とガラス種類の組合せで使用可能なものがありますが、ガラスの仕様や種類、枠の開閉形式、寸法、納まりなどが詳細に決められていますので、それぞれの規定での使用可否を確認した上で、内容を遵守してください。

■ 特定防火設備について

  1. 特定防火設備は、サッシ枠やガラスなどの構成材料を一体として個別に認定されています。認定を取得したメーカー以外の製品では、特定防火設備としてご使用いただけませんのでご注意ください。
  2. 万一ガラスが破損した場合には、ガラス入り防火戸に貼り付けられている認定シールに記載されているメーカーまでご連絡ください。

■ 30分耐火構造の屋根について

建築基準法における30分耐火構造の屋根には、網入板ガラス(<ヒシワイヤ><クロスワイヤ>)が使用できます。個別認定を取得した場合を除いて、網入板ガラス以外のガラスは使用できませんのでご注意ください。

■ 1時間耐火間仕切り壁について

  1. 1時間耐火間仕切り壁は、サッシ枠やガラスなどの構成材料を一体として個別に認定されています。認定を取得したメーカー以外の製品では、1時間耐火間仕切り壁としてご使用いただけませんのでご注意ください。
  2. 万一ガラスが破損した場合には、ガラス入り間仕切り壁に貼られている認定シールに記載されているメーカーまでご連絡ください。

■ 防火設備における納まり図(例)

シーリング施工例とグレイジングガスケット施工例

  • ※ サッシメーカーや窓メーカーなどが個々の製品ごとに指定評価機関での試験に合格し、国土交通大臣からの認定を受けた製品(個別認定)については、認定取得した仕様、納まりでご使用いただく必要があります。ご使用の際には、認定取得したメーカーなどが指定する施工方法、副構成材料(シーラント、バックアップ材など)を遵守してください。

強化ガラスを安全にお使いいただくために

  • 注)耐熱強化ガラスをお使いの際にもご確認ください。

■ 強化ガラスを安全にお使いいただくために

強化ガラスは強度が高く、万一破損しても破片が細かい粒状になる安全性の高いガラスですが、破損時に破片が脱落することがあります。また、一般の板ガラスとは異なる「ガラスの中に存在する不純物に起因するキズ」による不意の破損など、独特の性質をもっています。強化ガラスの基本特性である破損性状や不意の破損などをご理解いただき、ご採用にあたっては使用部位や高さ、その他の安全対策などに関する十分なご検討をお願いいたします。

なおAGCでは、十分管理の行き届いた日本工業規格(JIS)表示許可認定を受けた工場で、強化ガラスを製造しています。また、強化ガラスの製造にあたっては、ガラスの中に存在する微細な不純物に起因する不意の破損をゼロに近づけるため、原料管理、製造設備管理、ヒートソークの処理などの施策を行っています。さらに今後も品質の向上に努めてまいります。

  • * ヒートソーク処理:強化加工後に再加熱処理を実施し、強化ガラスに存在する微細な不純物が含まれていた場合、強制的に破損させる方法。強化ガラスのヒートソーク処理の実施については、品種により異なります。

1.破損の際の特徴

強化ガラスは表面に圧縮応力層があり、内部にそれとバランスした引張応力層があります。強化ガラスの破損時には、ガラス表面の圧縮応力層とガラス内部の引張応力層のバランスが崩れ、一瞬にしてガラスの全面が細かく粒状に破損します。施工条件によっては破損時にガラスが脱落することがあります。通常、破片は粒状にバラバラになりますが、破砕しても粒が離れずに破片の塊になることもあります。また破損時には音を伴う場合があります。

2.破損の原因

強化ガラスの一般的な破損原因は、下記の3点が考えられます。

  1. 飛来物や地震など、外部から強い力が加わった場合
  2. 小さく鋭いキズが、ガラス表面についた場合
  3. ガラスの中に存在する微細な不純物があった場合

強化ガラスの特徴として、ガラス内部の引張応力層にキズが発生した場合に応力バランスが崩れ、外力が加わっていない状態で不意に破損することがあります。

3.被害発生の可能性

近くに人がいた場合、ガラスの粒状の破片を浴びたり、頭上から落下してきた破片の塊に当たったりすることがあります。破片の塊の大きさによっては人にケガを負わせたり、場合によっては命に関わる事故になるおそれがあります。

4.被害の発生を避けるための措置【強化ガラスの破損落下による被害を避けるためのAGC推奨措置基準】

AGCでは、強化ガラスを安全にご使用いただくために、ガラス破片の落下防止措置について、以下のとおり推奨基準を設けています。なお、ガラスが破損して脱落したときに人がケガをするおそれがある場合や、破損時に人が転落する危険性がある場合には、強化合わせガラスのご採用や、全面に飛散防止フィルムを貼るなど、万一のガラスの破損に対する落下防止措置を必ずおとりください。

  • 注)強化合わせガラスや飛散防止フィルムを貼った強化ガラスでも、破損時に非常に細かい破片が脱落する場合があります。
  1. 1)建築用途に使用する強化ガラス
    1. 垂直に使用する場合

      強化ガラス製品および強化ガラスを使用した構法をご採用になる場合は、表「強化ガラス製品、構法ごとの使用可能範囲の目安(AGC推奨基準)」をご参照のうえ、以下の注意事項を必ずお守りください。

      • 高所に使用する場合

        地上または床面(歩行面)からガラス上端部までの高さが表の16m、または3mを超える高さに強化ガラスを使用する場合、万一の破損時に有効な強化合わせガラスのご採用や、全面に飛散防止フィルムを貼るなど、施工法に応じた落下防止措置を必ずおとりください。また、安全性の面から、落下防止措置なしでご使用いただける範囲内であっても、建物用途や使用部位、周辺の状況に応じて落下防止措置を講じることをお薦めします。

      • 強化ガラスを使用した複層ガラス

        片側に強化ガラスを使用する複層ガラスの場合は、室内側に強化ガラスを使用することを推奨します。両側に強化ガラスを使用する複層ガラスの場合は、室外側を強化合わせガラスにすることを推奨します。いずれの場合も、強化ガラスを使用した面の高さが、表「強化ガラス製品、構法ごとの使用可能範囲の目安(AGC推奨基準)」に該当するかどうかでご判断ください。

    2. 傾斜面、水平面に使用する場合
      • アトリウムなどの屋根、スカイライト、トップライトなど傾斜面、水平面に強化ガラスを使用すると、万一破損した場合に比較的大きな破片の塊となって落下するおそれがありますので、使用する高さにかかわらず、落下防止措置のない強化ガラス単板や複層ガラス下側への落下防止措置のない強化ガラスのご使用はおやめください。
      • 強化合わせガラスのご採用や、全面に飛散防止フィルムを貼るなどの落下防止措置をおとりください。
      • 複層ガラスの上側に強化ガラスを使用する場合でも、下側のガラスは合わせガラスもしくは飛散防止フィルム貼りのガラスとしてください。
    3. フレームレス構法に使用する場合

      強化ガラスのエッジが露出したり、部分的に支持する場合が多いため、構法に応じた落下防止措置を必ずおとりください。枠を使用していない手摺など、破損時に人が転落する危険性がある場合も、落下防止措置を必ずおとりください。また、エッジが露出している場合、強化合わせガラスや飛散防止フィルムを貼った強化ガラスでも、エッジから破片が脱落するおそれがあります。エッジが露出する場合には、エッジカバーを取り付けるなど、落下防止対策を施してください。

  2. 2)建築用途以外に使用する強化ガラス

    家具などに金具で強化ガラスを留める場合、金具と強化ガラスが直接接触すると破損の原因となります。必ず緩衝材を入れ、金具と強化ガラスが直接接触しないようにしてください。

■ 飛散防止フィルムによる落下防止措置

飛散防止フィルムによる落下防止措置を講じる場合は、フィルムメーカーが定める施工法に従い、正しく施工してください。また、フィルムメーカーが推奨する性能保証期間を過ぎた場合は、速やかにフィルムを交換してください。

■ 強化ガラスに打刻されたマークについて

AGCでは、1995年7月以降に出荷している全ての強化ガラス製品に対して、品種・製造年月・製造工場などの情報のマークを打刻しています。

  • *テンポイント構法など、フレームレスファサードに使用する強化ガラスを除く。

表:強化ガラス製品、構法ごとの使用可能範囲の目安