Javascript is disabled.

  • 施工事例

ネオコーポ明舞弐番館

窓ガラスを交換しただけで、マンション全体が快適な住環境に。

名鉄グランドホテル
  • ●改修概要
  • 所 在 地 :兵庫県神戸市西区
  • 建物概要 :11階建て203戸(店舗4含む)
  • 改修概要 :203戸分の窓改修
  • ご採用商品:ぺヤプラス・エア
  • 工   期:2009年11月~12月

台風時の風雨対策が窓改修のきっかけ

11階建ての大型マンション、ネオコーポ明舞弐番館。定時総会の席上で、上層階に住む区分所有者が『台風シーズンになると窓ガラスに風と雨が強く吹きつける音がうるさく、怖い』と発言したのをきっかけに管理組合で窓改修の検討をはじめたそうです。
当初はシャッターの設置も検討していましたが、安全性などの問題から却下。冬場の結露も問題となっていたため、サッシ枠はそのままに、ガラスを1枚ガラスから、AGCの<ペヤプラス・エア>に交換することに定時総会で決定したそうです。

断熱・結露対策・光熱費削減に大きな効果

光と熱を選択透過・反射する特殊金属幕をコーティングした高遮熱断熱Low-Eガラスを使用した<ペヤプラス・エア>は、断熱効果に優れ、結露防止にも大きな効果を発揮。外気温が-16℃に下がるまで結露が発生しないため、1枚ガラスでは防げなかった窓やカーテンのしみも発生しなくなったとのこと。冬の早朝の寒さも和らぎ、年間冷暖房費もコストダウンできるというメリットもあります。
紫外線対策や防暑効果も高く、太陽エネルギーの64.2%を遮熱してしまうため、エアコンをつけてから部屋が涼しく感じられるようになるまでの時間にも大きな差がつきます。

施工は1戸あたり2時間で完了

アタッチメントと呼ばれるアダプターが付いた商品なので、サッシ枠はそのままでガラスだけの交換が可能。1枚あたり施工に30分かからず、11月中旬~12月中旬にかけて203戸分のバルコニー側4枚の窓交換が完了。費用も総額約2000万円、1戸あたり約10万円ですんだそうです。さらに、オプションで窓枠の戸車やクレセント、サッシ枠のゴムパッキンの交換工事も実施。
住民からの評判は良好で、改修後は結露からも解放されたとのこと。現在は開放廊下側の窓の改修も検討しているそうです。


事前に採寸したガラス寸法に合わせてアタッチメントを製作。
既設サッシからガラスを外して、<ペヤプラス・エア>を取り付ける簡単施工。

ご採用いただいた<ペヤプラス・エア>の詳細はこちら →

窓リフォームをお考えの方

個人で窓リフォームをお考えの方

お近くの販売店を探す

建築設計者の方、企業の方
マンション管理会社、管理組合の方

ページTOPへ