Javascript is disabled.

  • 施工事例

シアタールームの防音と夏の厳しい暑さ対策を探していました。

戸建住宅 京都府京都市伏見区H様、ホームシアター工房大阪の田中店長の場合

ご採用商品<まどまど® plus(プラス)、まどまど® std(スタンダード)>

お部屋をリフォームしてホームシアタールームに

Hさん:もともとテレビが好きでスピーカーを使って楽しんでいました。でも、妻から「ご近所に迷惑になるから夜遅くに音を出すのはやめてほしい」と言われてしまい、撤去したんです。だけど、やっぱりスピーカーを使いたい気持ちが強くて。防音対策されたシアタールームを作れば、自由に楽しめるなと思い、リフォーム会社に相談しました。そこでホームシアター工房大阪の田中店長を紹介してもらったんです。

田中店長(以下同じ):Hさんは「こんな風にしたい」というプランをはっきりお持ちでしたので、その理想の空間を実現させるために、壁や床の色など内装全体から考えましたね。窓に関しては防音を重視させていたので、遮音性の高い窓をおすすめさせていただきました。

壁や床の色など、Hさまの好みが詰まったシアタールームに。

ホームシアターの防音対策に〈まどまど® plus(プラス)〉を

田中店長:音は窓やドア、換気扇のような開口部から漏れやすいので、そういった箇所をしっかり防音することが重要です。特に窓の性能で防音性は左右されます。二重窓のメーカーはいくつもありますが、中でもAGC旭硝子の〈まどまど®シリーズ〉は特に遮音性が高いので、お施主様によくご提案させていただいていますね。さらに今回は〈防音ガラスの「マイミュート®」〉を組み合わせてより防音性能にこだわった新シリーズの「まどまど®plus」を設置したため、より防音性に優れたお部屋になると思います。

窓からの音漏れを気にすることなく、テレビ観賞ができるように。

昨年の猛暑も窓を見直すきっかけに

Hさん:シアタールームの隣の部屋のエアコンが、去年の夏に故障してしまったんです。屋根にこもった暑さをしのごうと、扇風機と換気扇で風の流れを作ったり、隣の部屋のエアコンを使うなどしましたが、それでも暑くて。シアタールームを作るのと同時進行で、壁や窓を遮熱性の高いものに変えました。特に窓は〈まどまど®std〉と太陽光を反射する特殊なコーティングをしているLOW-Eペアガラスにしたので、今年の夏は暑さに悩まずに済みそうです。

遮熱性の高い〈まどまど®std〉が夏の日差しを和らげます。

ニーズに合わせてお選びいただいた〈まどまど®〉シリーズにご期待ください

Hさん:それぞれ私の悩みや要望に沿った窓をご提案いただき、田中店長には感謝しています。シアタールームでは時間を気にせず、いつでもテレビが見られるのが楽しみですね。遮熱対策をした部屋も夏には効果がわかるとのことなので、早く体感してみたいです。

田中店長:Hさんが思い描いていたお部屋に仕上げることができて、私も嬉しいです。遮熱、防音対策されたそれぞれの空間で、快適な時間を楽しんでくださいね。

  • 「丁寧に説明してもらい安心して任せられました」とHさま(左)とホームシアター工房大阪田中店長

  • 完成したシアタールーム。まどまど®plusで音を気にせず楽しんで頂けそうです。

防音、遮熱も〈まどまど® plus〉・〈まどまど® std〉にお任せください!

ご採用いただいた<まどまど std>の詳細はこちら →

窓リフォームをお考えの方

個人で窓リフォームをお考えの方

お近くの販売店を探す

建築設計者の方、企業の方
マンション管理会社、管理組合の方

ページTOPへ