Javascript is disabled.

  • 施工事例

多すぎる結露と厳しい寒さが
ずっと心身の負担になっていました。

戸建住宅 岐阜県可児市O様の場合

ご採用商品 ペヤプラス

結露が悩みだったとか…このあたりは寒暖の差が大きいですね

Oさん:典型的な内陸の気候なんです。近くに多治見市がありますが、夏の暑さで有名でしょう。でも決して温暖なのではなく、冬は寒さが厳しい。マイナス7、8℃になることもあります。近所の小さな川が凍ってしまうほどですよ。
ですから、我が家を暖める役目は、もっぱらストーブ。エアコンでは寒いんですね。でも、ストーブを使うと、どうしても湿度が高くなってしまい、結露が出てしまうんです。あまりにも結露がひどいので、窓際の床のフローリングが傷んでしまいました。日に何度も拭いていたんですが、追いつかない。結露防止テープを貼ってみたりもしたんですが、全然通用しませんでした。


度重なる結露のせいでフローリングの床が傷み始めてしまいました。

<ペヤプラス>を導入してみて、いかがでしたか?

Oさん:<ペヤプラス>を入れたのは、1階のリビング、ダイニング、トイレ、洗面所(脱衣所)、それから2階の和室とトイレなんですが、どの部屋も寒さが和らぎましたね。息子が2階の和室にある温度計を見て「2、3℃は暖かいよ」と言っていました。結露もほとんど出なくなりましたね。おかげさまで、<ペヤプラス>に替えてからは一度も窓を拭くことはなかったんですよ。

  • 遮熱・断熱性を備えた<ペヤプラス>の広い窓。
    すてきな庭が一望です。

  • あれだけひどかった結露が、この冬はほとんどなし。

  • いつもの冬より2、3℃上の暖かさを体感できた2階の和室。

お風呂やトイレでの寒さ解消にも効果大だったそうですね

Oさん:浴室もトイレも冬場は寒くて、つらいんですよ。だから、小型のファンヒーターを置いているんです。私も家内も年を取っているんで、息子が心配しましてね。暖かい部屋から急に寒い所へ移って、心臓発作を起こしたりするのが怖いでしょう。ところが、<ペヤプラス>にしたら、暖かくて快適ですよ。ファンヒーターに頼らなくてよくなりました。

  • 寒々として身体にもよくなかった浴室とトイレ。今は快適に。

工事時間はいかがでした?

Oさん:ガラスの枚数によって違うんでしょうけど、何部屋も入れたのに、だいたい1時間半ぐらいでした。予想よりも時間がかからなかったですよ。「こんなに早いのか」とビックリするくらいでしたね。

窓の多いお宅ですから、夏が楽しみですね

Oさん:特にリビングの窓は大きいですから、日差しが部屋の真ん中くらいまで入ってくるんですよ。<ペヤプラス>の高い遮熱性で、夏が涼しくなってくれることを期待しています。知人からは、「Oさん、私のところも複層ガラスを入れているんです。夏でも、窓を閉め切っていれば、冷房が長持ちして部屋の中は冷えていますよ」と聞いたこともあるんです。そうなれば、うれしいですね。冬場と同じように、光熱費の節約になりますから。 今後は、仏壇のある応接間も<ペヤプラス>に取り替えようと思っています。冬の朝、仏壇に拝んでいる時がとても寒くて、冷蔵庫の中にいるようですからね。<ペヤプラス>には満足しています。これなら、もっと早く導入すればよかったなと思いますね

  • 遮熱・断熱性の高い<ペヤプラス>が夏のリビングを快適にしてくれます。

  • 「入れてよかった、<ペヤプラス>」と満足げなOさんご夫妻

暑さ寒さを和らげて、出窓を確保!いいことずくめの<ペヤプラス>です!

ご採用いただいた<ペヤプラス>の詳細はこちら →

窓リフォームをお考えの方

個人で窓リフォームをお考えの方

お近くの販売店を探す

建築設計者の方、企業の方
マンション管理会社、管理組合の方

ページTOPへ