よくあるお問い合わせ

商品分類別 [カラー・デザインガラス・鏡]

37件中 1 - 20件を表示しています。12次ページへ »

Q177:「カラーラミセーフ」の防火用はありますか?
A:
「マイボーカ仕様」をご用意しております。網入板ガラス仕様は熱割れの可能性が高く、お勧めしておりません。
Q148:「ニューステンド」と本物のステンドグラスの違いは何ですか?
A:
本物のステンドガラスは工芸品で、作家が一枚一枚手作りで製作します。
AGCのニューステンドは工業製品で、ガラスの上に特殊樹脂でデザイン描画することで、ステンドガラスの風合いを出しています。
Q160:「ニューステンド」の模様で、ラスタービベルドとは何ですか?
A:
キラキラとした霜状の樹脂模様のことです。
Q062:型板ガラスと「フロストガラス」では、どちらが視線を遮りますか?
A:
どちらのガラスも、光を拡散して視線を遮る事を特徴としたガラスです。
型板ガラスの型模様に比べると、「フロストガラス」はサンドブラスト加工であるので滑らかな凹凸表面を持っており、淡く光を拡散します。
型板ガラスは、型模様の種類により透視性に差があります。
視線を遮る効果というのは、ガラスまでの距離、型模様やフロストのタイプにより、それぞれ異なりますので、どちらがより効果があるということは、一概には言えません。
サンプルにてご確認いただくのが宜しいでしょう。
Q214:太陽が眩しいのですが、眩しさを軽減するガラスはありますか? 色付きガラスがいいのでしょうか?
A:
太陽の輝度は非常に高く、肉眼で見た場合には、人が明るさを知覚できる範囲をはるかに超えた眩しさです。その眩しさを解消するには、サングラスのように非常に暗いガラスにする必要がありますので、通常の窓用ガラスだけでは対応は困難です。
フロストグラスや型板ガラスのように、光を拡散するガラスにすれば眩しさが和らぎますが、透視性がなくなります。
眩しさを解消するにはカーテンやブラインドと併用することをお薦めします。
Q149:「ニューステンド」を使用する際の注意点を教えてください。
A:
内装専用の製品で外装には使用できません。
又、高温多湿の環境下での使用を避けていただくようお願いいたします。
Q161:「ニューステンド」を部分的に欲しい場合は、どのようにすれば良いですか?
A:
特注品として必要な寸法をご注文いただくか、あるいは規格品を1枚購入いただき、規格品からガラス取扱店が部分切断する場合もあります。どちらの方法を選択するかはガラス取扱店と十分打合せをお願いします。
なお、オーダーサイズでご注文いただくデザインガラス「イングラス プレミンDC」も商品選択の一つとしてお奨めします。
Q063:型板ガラスと「フロストグラス」の違いは何ですか?フロストガラスとタペガラスは同じですか?
A:
型板ガラスは型模様をつけて成形したまま製品として使われます。
「フロストグラス」はフロート板ガラスとして一旦製造されたガラスに、後でガラス表面をサンドブラストした後、さらに化学処理(フッ酸処理)を施した半透明ガラスです。デザイン性・価格・用途、目的にも違いがあります。
フロストガラスもタペガラス(タペストリーガラス)も加工処理方法は同じになります。
AGCでは商品名「フロストグラス」として取扱っています。
Q215:正面から見えて斜めから見えない視線制御はできますか?
A:
あいにく、ガラス単体ではご質問の様な視線制御機能を持ち合わせたものはございません。フィルムメーカーにて後貼りフィルムとして視野選択フィルムを取り扱いされているようです。
AGCでは、「正面からは見えなくて斜めから見える」効果をガラス両面に交互にストライプ状のフロスト加工を施したブラインドグラスを取扱っています。
Q150:「ニューステンド」には表裏の向きや、上下の設定はありますか?
A:
柄の表裏、上下の向きは設定しておりますが、お客様の好みに応じて、ご自由にお使いいただいて結構です。
Q162:「ニューステンド」の図柄の縮小・拡大、縦横変倍は可能ですか?
A:
特注品として可能です。縮小する場合、縮小率は50%程度が限界です。縦横変倍は柄によって歪みが出ることがあります。
なお、オーダーサイズでご注文いただくデザインガラス「イングラス プレミンDC」も商品選択の一つとしてお奨めします。
Q086:曲げガラスの扱いはありますか?
A:
AGCでは曲げ加工を承っていません。
Q216:ブラックミラーはありますか?
A:
グレー色でよろしければサンミラーユーログレーをご紹介しています。
Q151:「ニューステンド」は、どうして外装使いが出来ないのですか?
A:
「ニューステンド」は一枚の板ガラスの上に特殊樹脂でデザインを描き、ステンドグラス調に仕上げたガラスです。
一般的に塗料は、紫外線による退色、湿度や極度な温度差による剥離を起こす可能性があり、外部に面する窓、浴室などへのご採用はおすすめしておりません。
Q163:「ニューステンド」の特注品を作ってもらえますか?
A:
どのような特注品をお考えでしょうか?特注品、といっても、多少のサイズ変更からオーダー柄までご希望の範囲が様々です。
ガラス取扱店や設計士様デザイナー様などとの十分な打合せが必要です。お客様のご指示に従ってご希望の添えるかどうか製造可否を確認しながら対応します。
あいにくAGCでは「デザイン提案」などは行っていません。
なお特注品は1枚から承ります。
Q094:透過性のある色付きガラスはありますか?色の濃さを選べますか?他の色は(赤・黒など)ありませんか?
A:
熱線吸収板ガラスや熱線反射ガラスは透過色や反射色に色味がついています。
熱線吸収板ガラス(商品名「サンユーログレー・サンユーロブロンズ・サングリーン」)はガラス原料に金属を加えて着色したガラスであり、透過色がグレー、ブロンズ、グリーン系の色調です。ガラスの厚みが厚くなるほど、色調が濃くなります。その他の色調は取扱がありません。
また高性能熱線反射ガラス(商品名「サンルックス」)はガラス表面に極薄の金属膜をコーティングしたガラスであり、金属膜の種類によって透過色や反射色が異なる品種を揃えています。なお、ガラスの厚みによって、色の濃さは多少違ってきます。
「サンルックス特注色仕様」は50�以上の同じガラス品種のご注文がある場合に相談を承ります。
内装壁面用カラーガラスの「ビトロカラー」はガラスの裏面に塗料を重ねて焼き付けているため、光は透過しません。
なおフィルムメーカーの後貼りカラーフィルムが透明ガラスに貼付されるケースもあるようです。
Q152:「ニューステンド」は孔明け、切断等の加工は出来ますか?
A:
サイズ、仕様、品種などによります。
(1)規格品をお買い求めいただき、ガラス取扱店で加工作業ができる場合 
(2)特注品としてニューステンドの製造時に作業を織り込まなくてはならない場合
 があります。詳細はガラス取扱店にご相談ください。
Q164:「ニューステンド」の両面ライン盛りは、本物のステンドグラスのように、キチンと仕上がりますか?
A:
両面ライン盛は特注品です。手作業となりますので、ライン幅は多少表裏で差が出ます。
Q110:鏡を外部に貼れますか?
A:
外装には使用できません。内装に使用する場合でも、日射の当るところや高温多湿の場所での使用は避けて下さい。
Q153:「ニューステンド」の納期はどれ位ですか?
A:
時期・柄によって在庫の有無に変動があります。AGCに在庫があれば出荷対応します。
在庫切れの場合は、新規製作となり、約3週間程度かかります。

37件中 1 - 20件を表示しています。12次ページへ »