よくあるお問い合わせ

ニーズ(機能)別 [インテリア]

25件中 1 - 20件を表示しています。12次ページへ »

Q052:合わせガラスに和紙を挟むことは可能ですか?
A:
AGCでは和紙を挟んだ合わせガラスは製造しておりません。
和紙調の柄をプリントしたフィルムを挟み込んだ合わせガラスの「ラミトーン グラフィカルパターンシリーズ」の和風シリーズがあります。
Q152:「ニューステンド」は孔明け、切断等の加工は出来ますか?
A:
サイズ、仕様、品種などによります。
(1)規格品をお買い求めいただき、ガラス取扱店で加工作業ができる場合 
(2)特注品としてニューステンドの製造時に作業を織り込まなくてはならない場合
 があります。詳細はガラス取扱店にご相談ください。
Q164:「ニューステンド」の両面ライン盛りは、本物のステンドグラスのように、キチンと仕上がりますか?
A:
両面ライン盛は特注品です。手作業となりますので、ライン幅は多少表裏で差が出ます。
Q153:「ニューステンド」の納期はどれ位ですか?
A:
時期・柄によって在庫の有無に変動があります。AGCに在庫があれば出荷対応します。
在庫切れの場合は、新規製作となり、約3週間程度かかります。
Q170:「INGLASS(イングラス)」というネーミングはどういう意味ですか?
A:
INTERIOR(室内)のINとGLASS(ガラス)をくっつけた造語です。
Q154:今使用しているガラスを、「ニューステンド」に変更出来ますか?
A:
ガラスの施工方法により異なります。例えば現在ご利用のガラスのはめ込み方法が「押し縁方式」であれば可能でしょう。
室内建具の上部からガラスを落としこむタイプでは模様の盛り上げ高さがガラスの溝より厚く、そのままでは困難な場合があります。
Q178:「カラーラミセーフ」は2色しかないのですか?特注色は可能ですか?
A:
乳白とブラウンの2色のみです。また、特注色は受注しておりません。
なお、「カラーラミセーフ」以外の合わせガラスで色調のヴァリエーションを持つ品種としては、「ラミトーン」「ラミコレ」「ラミスカイ」「ラミセーフ熱線吸収板ガラス仕様」などがありますので、用途に応じて検討願います。
Q094:透過性のある色付きガラスはありますか?色の濃さを選べますか?他の色は(赤・黒など)ありませんか?
A:
熱線吸収板ガラスや熱線反射ガラスは透過色や反射色に色味がついています。
熱線吸収板ガラス(商品名「サンユーログレー・サンユーロブロンズ・サングリーン」)はガラス原料に金属を加えて着色したガラスであり、透過色がグレー、ブロンズ、グリーン系の色調です。ガラスの厚みが厚くなるほど、色調が濃くなります。その他の色調は取扱がありません。
また高性能熱線反射ガラス(商品名「サンルックス」)はガラス表面に極薄の金属膜をコーティングしたガラスであり、金属膜の種類によって透過色や反射色が異なる品種を揃えています。なお、ガラスの厚みによって、色の濃さは多少違ってきます。
「サンルックス特注色仕様」は50�以上の同じガラス品種のご注文がある場合に相談を承ります。
内装壁面用カラーガラスの「ビトロカラー」はガラスの裏面に塗料を重ねて焼き付けているため、光は透過しません。
なおフィルムメーカーの後貼りカラーフィルムが透明ガラスに貼付されるケースもあるようです。
Q156:「ニューステンド」専用の建具、押し縁はありますか?
A:
AGCでは取扱っていません。
Q190:外部に使えるビトロカラーはありますか?
A:
内装専用商品の為、外部にはご使用頂けません。裏面に塗料を直接焼き付けており、直射日光による熱割れや、風雨等による劣化の可能性もあり内装専用になります。
Q125:「インナーウインドmado2/まどまど」の特長はどういったところにあるでしょうか?
A:
主な特長は
(1)求める性能に応じて簡単にガラスを選べます。
(2)防音性能・断熱性能・防犯性能など住宅用途でハイレベルな性能を発揮します。
(3)インテリアにマッチするようデザイン性が重視されました。
Q157:「ニューステンド」は、塗料によって、光の透過の風合いは変わりますか?
A:
透過の感じが変わります。採光や照明の影響も受けます。
Q191:ビトロカラーは棚板やテーブルトップに使えますか?
A:
ビトロカラーは内装壁面用カラーガラスです。天板でのご利用は硬い物が当たったり何らかの衝撃を受けると破損する可能性があります。
また、使用状況によっては焼付けてある特殊塗料が水分により劣化するなどの可能性があります。
棚板やテーブルトップ等、特殊な使用をされる場合は、荷重や支持方法を考慮した強度検討が必要です。
Q146:ステンドグラスは扱っていますか?
A:
AGCでは工芸品のステンドグラスは扱っておりません。盛り上げラインを施し、ガラス表面を着色したステンド調のガラス「ニューステンド」「イングラス プレミンDC」があります。
内装用のガラスで外窓には使用できません。
Q158:「ニューステンドエクセレント」は、まだありますか?
A:
現在は、エクセレントの呼称は無くなりましたが、該当デザイン品種は、「ニューステンド」のラインアップの規格品、あるいは特注品として取扱いしています。
Q147:「ニューステンド」はどこで買えますか?
A:
AGCいいまどショップなどのガラス取扱店または工務店などでご相談ください。
Q159:「ニューステンド」を枠無しで施工する方法はありますか?
A:
通常の板ガラスと同等に取扱いいただければ結構です。
Q148:「ニューステンド」と本物のステンドグラスの違いは何ですか?
A:
本物のステンドガラスは工芸品で、作家が一枚一枚手作りで製作します。
AGCのニューステンドは工業製品で、ガラスの上に特殊樹脂でデザイン描画することで、ステンドガラスの風合いを出しています。
Q160:「ニューステンド」の模様で、ラスタービベルドとは何ですか?
A:
キラキラとした霜状の樹脂模様のことです。
Q149:「ニューステンド」を使用する際の注意点を教えてください。
A:
内装専用の製品で外装には使用できません。
又、高温多湿の環境下での使用を避けていただくようお願いいたします。

25件中 1 - 20件を表示しています。12次ページへ »



ページTOPへ