ガラスの階段室:case4:TOD'S 表参道ビル|旭硝子のGlass-Plaza Pro

file.19 ガラスの階段室 GLASS&ARCHITECTURE Design Files
case4:TOD'S表参道ビル
[階段室] Top
TOD'S表参道ビル基本図面 TOD'S表参道ビル概略
異形ガラスで構成される階段室とその防火認定
異形ガラスの多面体の山を登ってゆく意匠を実現するための、防火の工夫を紹介する。
DATA
[階段室ガラス]種別:ファイヤーテンパ

階段室の意匠上の初期イメージは、異形のガラス同士がフレームレスで辺がシールジョイントされ多面体を構成するようなものであった。 そのガラスの多面体が構造となり、それに沿って階段室が上下に連続してゆく形状が検討された。
 大きな課題の1つだったのが、防火区画の形成。階段室を防火区画にするためにいくつかの制限が発生する。 まずはガラス面の防火性能。網入りガラスの使用を避けるため、ファイヤーテンパを選択した。 また、フレームレスのシールジョイントでは防火認定がとれない。 ガラスの継ぎ目からの延焼を防ぐためフレーム枠による支持が必須となった。 階段室に使用されたガラスの大きさはほぼ制作限界で決められた。最大辺は約3m。 最終的に設計者、関係各所の確認を得て、実現した。
 またこの地域は、延焼防止対応については外壁にも必須であるが、そこでも網入りガラスの使用はしていない。 内壁の天井懐にドレンチャーを設置することで網入りガラスの使用を避け、 防火設備が露出することなくコンクリートとガラスの面一のファサードを実現した。
   
1~2階への階段室を構成するガラスの多面体。
 
2~3階への階段室。階段と階段の間をガラスの多面体が埋めている。  Photo: Nacasa & Partners inc