まどまど®

注意事項

ご注意

【まどまど std/plus】

■ 引き違い窓耐風圧性に関するご注意

  • <まどまど>は既存外窓の室内側に取り付ける内窓ですが、二重窓構造の場合、風圧力は外窓と内窓の両方にかかります。また、この風圧力には正圧と負圧(*1)があり、条件によっては、負圧が<まどまど>に影響を与えることがあります。

■ 強風時外窓・<まどまど>とも閉じているが、玄関ドアや外部に面する窓を開閉する場合、マンションなどで、台風など特に強風時(*2)には、窓・ドアの開閉状況により、対応(負圧軽減操作) (*3) が必要な場合があります。

  • 玄関ドアなどを開ける場合(開いている場合)は、外窓をしっかりと閉めたまま<まどまど>の障子を3センチ以上開けてください。外窓・<まどまど>ともしっかり閉め、さらに玄関ドアや外部に面する窓も閉まっている場合は、<まどまど>の負圧軽減操作(*3)は必要ありません。
    負圧軽減操作の要否判定は表1をご参照ください。
解説図

解説

  • 建物壁面に負圧A がかかった場合、開いている玄関ドアや外部に面する窓などから外気が流入し、<まどまど>にも負圧Bがかかりますので、基準風速(*2)による強風時、<まどまど>の大きさ、建物の高さによっては、<まどまど>の上枠が変形し、障子上框の一部が室外側へ外れることがあります。ただし、障子自体が脱落することはありません。この場合、一旦変形した上枠は元の形状には戻りません。
  • 外窓・<まどまど>とも閉じていて、玄関ドアや外部に面する窓も閉じられている場合は、基準風速(*2)による強風時であっても、<まどまど>にかかる負圧は小さいために、<まどまど>の大きさ、建物の高さに関係なく、負圧軽減操作(*3)は必要ありません。

(*1)正圧と負圧

  • 建物にあたった風は、建物の上側や左右に回りこみます。このとき風のエネルギーは圧力となり、建物の風上側に「正圧(建物を押す力)」、風下側に「負圧(建物を引く圧力)」が作用します。

(*2)基準風速

  • その地方における過去の台風の記録に基づく風害の程度その他の風の性状に応じて30m/秒から46m/秒までの範囲内において国土交通大臣が定める風速のことです。このご注意で「強風時」としているのは、風速34m/秒を想定しています。
    これは沖縄・九州南部・四国南部・千葉房総地域などを除くほとんど全国に適用される基準風速値です。その程度は表2「風の強さと吹き方」で、「平均風速(m/ s)30 以上」の欄をご参照ください。

(*3)負圧軽減操作

  • <まどまど>にかかる負圧を軽減するため、外窓をしっかりと閉めたまま、<まどまど>の障子を3センチ以上開ける操作のことです。
図:正圧と負圧

表1 負圧軽減操作の要否判定表<2枚引き窓の場合>

表1の見方

  • 例えば、窓の大きさが幅1800ミリ、高さ2000ミリの場合、15階建てまでの建物は負圧軽減操作(*3)なしに問題なく使用できます。玄関ドアなど開放の場合でも、基準風速(*2)による強風時、負圧による上枠の変形は起こりません。
  • 上記の例で、<まどまど>を16階建て以上の建物で使用する場合は、負圧軽減操作(*3)が必要になります。
  • 負圧の大きさは建物の高さにより一律に決まりますので、負圧軽減操作(*3)の要否は<まどまど>の設置階数を問わず、建物高さにより決まります。

表2 風の強さと吹き方

注1) 強風によって災害が起こるおそれのあるときは強風注意報を、暴風によって重大な災害が発生するおそれのあるときは暴風警報を、さらに重大な災害が起こるおそれが著しく大きいときは暴風特別警報を発表して警戒や注意を呼びかけます。なお、警報や注意報の基準は地域によって異なります。

注2) 平均風速は10分間の平均、瞬間風速は3秒間の平均です。風の吹き方は絶えず強弱の変動があり、瞬間風速は平均風速の1.5倍程度になることが多いですが、大気の状態が不安定な場合などは3倍以上になることがあります。

注3) この表を使用される際は、以下の点にご注意ください。

  1. 1.風速は地形や廻りの建物などに影響されますので、その場所での風速は近くにある観測所の値と大きく異なることがあります。
  2. 2.風速が同じであっても、対象となる建物、構造物の状態や風の吹き方によって被害が異なる場合があります。この表では、ある風速が観測された際に、通常発生する現象や被害を記述していますので、これより大きな被害が発生したり、逆に小さな被害にとどまる場合もあります。
  3. 3.人や物への影響は日本風工学会の「瞬間風速と人や街の様子と関係」を参考に作成しています。今後、表現など実状と合わなくなった場合には内容を変更することがあります。

使用上の注意

  • 取り付けられた〈まどまど〉のガラス障子は取り外さないでください。ガラスが組み込まれた障子は重いため、誤って手を滑らせて落としたりすると、障子が壊れるばかりか、窓の額縁や床を損傷させたり、足や手などにケガをする事故につながる場合があります。やむをえずガラス障子を取り外す場合は、必ず2人以上で作業をしてください。作業をする際の足元は十分にスペースを確保してください。また、作業台や仮置き台などを使用する場合は、重量を支えられる十分な強度があることを確認してから使用してください。
  • 雨が降りこむときは、漏水防止のため、外側のアルミサッシも閉めてください。〈まどまど〉はアルミサッシの内側に取り付けることを前提としていますので、水密性能は考慮されていません。
  • ガラス障子に寄りかからないでください。障子が外れたり、ガラスが割れたりして事故やケガにつながることがあります。
  • 風が強い時は、〈まどまど〉の脱落防止のため、外側のアルミサッシも閉めてください。外窓が開いている状態で〈まどまど〉に強風が当ると、障子が脱落して事故やケガにつながることがあります。
  • 上下枠や額縁などに、乗ったり、ぶらさがらないでください。重さによる破損や脱落のために事故やケガにつながることがあります。
  • 分解や加工はしないでください。クレセントや戸車の調整ネジ以外は触れないでください。誤って組み立てられた場合、開閉に支障をきたすばかりではなく、接合部の破損などにより事故やケガにつながることがあります。
  • ガラス障子の開閉は静かに行ってください。ガラス障子やクレセントなどの部品がこわれたり、指などをはさんだりして事故やケガにつながることがあります。
  • 〈まどまど〉取付け後は従来より気密性がよくなりますので、室内の空気の入替えのため換気することをおすすめします。
  • シンナー・トルエンなどの溶剤のご使用は避けてください。清掃は、やわらかい布などで、軽く乾拭き程度で十分です。特に落ちにくい汚れは中性洗剤の薄め液で洗ってください。(ベンジンなどの溶剤は使用しないでください。)
  • サッシの下レールにほこりやごみなどがたまると、窓の開閉に支障をきたすおそれがあります。サッシの下レールにほこりやごみなどがたまらないよう、こまめな掃除をお願いします。
  • 打刻されたマークには触らないでください。
  • 複層ガラスをご使用の場合には、複層ガラス共通のご注意事項もご参照ください。
  • 合わせガラスをご使用の場合には、合わせガラス共通のご注意事項もご参照ください。