ピラン®

注意事項

設計・施工上の注意

【ピラン】

  • <ピラン>は、耐熱防火性能を高めるために、エッジに特殊面取りを施しています。また、傷防止用のエッジ保護テープが巻いてありますので、はがさずに施工してください。
  • 外観上普通の板ガラスと区別しにくいため、コーナー1ヵ所にマークが表示されています。(一社)建築開口部協会(旧カーテンウォール・防火開口部協会)が国土交通大臣認定を取得している防火設備に使用する場合は、主構成材料としての耐熱板ガラス品質規格に適合することを示す「fG」マークを表示します。
  • <ピラン>に傷がつくと、所定の耐熱防火性能が保てないおそれがあります。以下に示すような運搬時や施工時の傷には、十分注意してください。
    • 運搬、ハンドリングの際のひきずりによる傷。
    • バックアップ材挿入の際の、ドライバーやヘラによる傷(木製や樹脂製器具の使用をおすすめします)。
    • シーリング仕上げの際の、ヘラによる傷(木製や樹脂製器具の使用をおすすめします)。
    • クリーニングの際の、清掃器具による傷(木製や樹脂製器具の使用をおすすめします)。
  • 平板のみで、曲げ加工はできません。また、切り欠きや孔あけはできません。加えて、熱処理しているため、製造後の切断や面取りはできまん。実際にご使用になる寸法や形状でご発注ください。
  • <ピラン>を使用して防火戸の認定取得をご検討される場合には、必ず事前にAGCまでご連絡ください。

使用上の注意

【ピラン】

  • <ピラン>はその組成と製法上の理由から、微細な気泡が混入している場合がありますが、耐熱防火性能上の影響はありません。
  • 熱処理の影響により、一般のフロート板ガラスと比較して、反射映像のゆがみや透視ひずみが大きくなります。
  • 常時高温になる場所に使用する場合は、200℃を上限としてください。また、高温に繰り返しさらされる暖房器具などへは使用しないでください。
  • <ピラン>を清掃する際には、金属製のカッターやスクレイパーは使用しないでください。また、スクイージ(ガラス清掃用水切り器具)を使用する場合には、金属部分がガラスに触れないように注意してください。