Javascript is disabled.

  • よくあるご質問 FAQ

結露・断熱

真冬の結露を防ぐガラスはありませんか?
A:

結露対策として重要なのは、家の中の湿気を減らすことと、家全体の断熱性を高めることです。ガラス交換の<ペヤプラス>や<ペアスマート>、内窓の<まどまど>が結露低減には有効です。

保温性の高い家をつくるには、どうすればよいでしょうか?
A:

壁や床だけでなく、窓をしっかり断熱することです。窓は家の中で熱の出入りが多い場所なので、窓の断熱をはかることは有効です。

窓をリフォームすると、冬の部屋はどのように変わりますか?
A:

足元や窓辺のひんやり感が緩和されます。また部屋の中の温度ムラが軽減され快適性の向上に繋がります。

遮熱

夏を涼しく暮らすために適したガラスはありませんか?
A:

Low-Eガラスを採用したリフォーム製品がおすすめです。 <ペヤプラス>、<ペアスマート>、<まどまど>のLow-Eペアガラス仕様などが該当します。太陽の日射熱の流入を少なくすることができ、夏季の冷房負荷を軽減します。

Low-Eペアガラスに種類はありますか?何が違いますか?
A:

ペヤプラス>、<ペヤプラス・エア>、<ペアスマート>、<まどまど>では遮熱性・断熱性に優れた「アクアグリーン」というLow-E色を採用しています。
ペヤプラス>、<ペヤプラス・エア>では「ピュアクリア」や「シルバー」といった色調もご用意しています。色調により性能値が異なります。

UVカット

紫外線をカットするガラスはありますか?
A:

紫外線カットに優れたガラスは合わせガラスです。ガラスとガラスを圧着させている特殊フィルムによって99.9%以上の紫外線をカットします。(商品名:<セキュレ>、<ラミセーフセキュリティー>) また、Low-Eペアガラスも約80%の紫外線をカットします。 (「アクアグリーン」の場合)

Low-Eガラスにすると家具が色あせしにくくなるのでしょうか?
A:

一概に色あせの原因が紫外線によるものとは言えませんが、Low-Eペアガラスは紫外線を約80%カットします(「アクアグリーン」の場合)。紫外線カットの観点からは有効です。ただし、可視光線の照射や湿度等の複合条件も影響するため、完全に色あせが防げるわけではありません。

防音

<まどまど>シリーズの防音性能はどのぐらいでしょうか?
A:

まどまど plus>、<まどまど std>は既存サッシとの二重窓としてJIS遮音等級のT-4等級をクリアしています。また一般ビル用サッシとの二重窓としては、<まどまど plus>マイミュート仕様と<まどまど std>ラミシャット35仕様はJIS遮音等級のT-5等級相当をクリアしています。
なお、この遮音性能はJIS A 1416に基づき、財団法人建材試験センターで測定したデータであり、保証値ではありません。
※JIS遮音等級にT-5はありません。JIS A 4076の遮音等級線を基に設定した45等級線の基準に該当するため、T-5相当としています。

楽器やオーディオなど、室内から出る大きな音を防ぐにはどうしたら良いですか?
A:

二重窓の<まどまど plus>や<まどまど std>は室内からの音もれの軽減にも有効です。ただし、外へ抜けにくくなった音が振動という形になって壁や天井、床へ伝わる可能性があります。場合によっては、壁や天井、床などの防音対策も必要になることがあります。

防犯

防犯に優れたガラスはありますか?
A:

防犯に効果的なガラスとして合わせガラスがあります。(商品名<セキュレ>、<ラミセーフセキュリティー>)ガラスが割れても特殊フィルムの貫通に時間がかかるため、侵入防止効果があります。
ペヤプラス><ペヤプラス・エア><まどまど>にも、合わせガラスを使用した防犯・防災仕様をご用意しております。

合わせガラスの特殊フィルムによって、防犯性能は変わりますか?
A:

特殊フィルムの厚さを厚くすることで防犯性能を高めることができます。 特殊フィルムが厚いほど、貫通するまでに時間がかかるため、侵入防止効果が高くなります。

防災

地震などの災害に適したガラスは何ですか?
A:

防災に有効なガラスとして合わせガラスがあります。(商品名<セキュレ>、<ラミセーフセキュリティー>)ガラスが割れても特殊フィルムの効果により、破片が飛散したり、脱落しにくくなります。

窓リフォームをお考えの方

個人で窓リフォームをお考えの方

お近くの販売店を探す

建築設計者の方、企業の方
マンション管理会社、管理組合の方

ページTOPへ