ガラスのお取扱い説明書

その他の注意事項

1.ガラスの結露対策について

室内側のガラス表面の結露は、暖かい室内の空気に含まれる水蒸気がガラス表面で冷やされて水滴が生じるもので、カビ、ダニの発生にも影響を与えます。結露は開口部(ガラス、サッシ)を断熱化することで軽減されます。このため、ガラスを複層ガラスにすると中空層の断熱効果により、結露しにくくなります。また、サッシを断熱アルミ製やアルミと樹脂の複合素材製あるいは樹脂製にすると、結露軽減に有効です。
 ただし、複層ガラスや断熱性の高いサッシを使用しても、外気温が低く、室内の湿度が高い環境では結露が発生します。そのような環境で結露を軽減するには、以下のような工夫も必要です。
(1)湿気の発生を減らすために
  • 風呂の残り湯にはフタをして水蒸気の拡散を防ぐ。
  • 洗濯物を室内に干さない。
  • 観葉植物の水のやり過ぎを避ける。
  • 冬季に鍋料理等を楽しむ時には換気を行う。
  • 開放型ストーブでなく、FF型ストーブやエアコン、床暖房をお奨めします。
(2)換気の方法
  • 自然換気  風の通り道をつくって部屋の空気を入れ替える。
  • 強制換気  キッチンやバスルームでは換気扇を使用する。
(3)その他
  • 夜間は雨戸・シャッターを閉める。
  • 湿度の高い梅雨は強制的に除湿する必要があります。

2.熱割れについて

日射が窓ガラスに当たると、ガラスの中央部と周辺部に温度差ができます。ガラスの種類と使用条件によっては、この温度差が大きくなるとガラスにヒビが生じることがあります。このようなヒビ割れの現象を『熱割れ』と呼んでいます。この熱割れはガラスの中央部と周辺部との温度差が大きく影響しますので、熱割れを防ぐには次のような状態を避けて下さい。

(1)カーテンやブラインドなどをガラス面に密着させないで下さい。

カーテンなどとガラスとの間隔は100mm以上離して下さい。

(2)家具(タンスなど)や遮蔽物をガラスに接近させて設置しないで下さい。ガラスに吸収された熱が放熱しにくくなり、熱割れする危険性が高くなります。

(3)ストーブなどの暖房器具や照明器具をガラスに接近させたり、エアコンやファンヒーターからの吹き出しエアを直接ガラスに当てないで下さい。ガラスが部分的に熱せられ、熱割れする危険性が高くなります。

(4)ガラス面に紙を貼ったり、ペンキを塗ったりしないで下さい。その部分の日射吸収率が大きくなり、熱割れする危険性が高くなります。

(5)ガラスの内側に熱線吸収または反射フィルムなどを貼りつけると日射吸収率が大きくなり、ガラスの熱吸収を増やしますので、熱割れする危険性が高くなります。


お近くの取扱店へお気軽にお問い合わせください。

リフォーム向け新規住宅物件向け