ガラスのお取扱い説明書

使用・メンテナンス上のご注意

警告

警告マークを付した項目は、ガラス破損等による事故防止のために、特に重要な事項が説明されています。必ずご一読されるようお願いいたします。


注意

注意マークを付した項目は、商品の劣化などを防止するための品質保持に関する事項が説明されています。


1.ひび(クラック)の生じたガラスは放置しないでください。

警告
ガラスに生じたクラックは、それが小さいものであっても強度を著しく低下させます。 クラックの生じたガラスは、手で軽く押したり、比較的弱い風が吹いただけで破損することがありますので、放置せずにできるだけ早い時期にガラスをお取り替えになることをおすすめいたします。また、ガラステーブル天板・強化ガラスドアの周辺部などの特殊な面取り加工を施したものを除いて、一般にガラスのエッジ部分は非常に鋭利で危険です。ガラスのお取り替えにあたっては、専門の工事業者様へご用命ください。

2.トップライト等のガラスの上には、絶対に乗らないでください。

警告
トップライト等に使用されているガラスは、通常、人体による集中荷重に対する強度検討は実施されていません。例えば、トップライトガラスを清掃する際など、ガラスには絶対に乗らないでください。


3.ガラスの熱割れにご注意ください。

注意

次のようなことをすると、ガラスに熱をこもらせて「熱割れ」の原因となります。

(1)窓ガラスの内側に紙などを貼ったり、ペンキなどを塗ること
(2)ストーブ等の放射熱を直接ガラスに当てること
(3)カーテン、タンスなどを窓ガラスに密着させること
(4)窓ガラスに特殊な影を落とすこと(設計段階で考慮されたものを除く)



お近くの取扱店へお気軽にお問い合わせください。

リフォーム向け新規住宅物件向け