よくあるお問い合わせ

ニーズ(機能)別 [防犯・セキュリティ]

25件中 1 - 10件を表示しています。123次ページへ »

Q065:風呂場のプライバシーを保護するには、どんなガラスが最適ですか?
A:
「フロストガラス」やすりガラスは濡れると透明に近くなるので、型板ガラスが適しています。
浴室には、安全面も考慮した、型板強化ガラスの「ミストロンエース」、「ホームミストロン」、「カラーラミセーフ乳白」や装飾合わせガラス「ラミトーン クリスタルカラーシリーズ」、「ラミトーン グラフィカルパターンシリーズ」などもお奨めします。
Q177:「カラーラミセーフ」の防火用はありますか?
A:
「マイボーカ仕様」をご用意しております。網入板ガラス仕様は熱割れの可能性が高く、お勧めしておりません。
Q032:防火タイプの防犯ガラスはありますか?
A:
網入板ガラスや「マイボーカ」を組合わせた防犯ガラス「ラミセーフセキュリティー」、お見舞金付き防犯ガラス「セキュレ」があります。「サンバランスセキュリティー」などにも該当品種のご用意があります。
Q035:防犯ガラスを構成する合わせガラスの厚さと中間膜の枚数が変わると防犯性能は変わりますか?
A:
防犯性能については、主に中間膜の厚みによって左右されるため、中間膜の厚みが厚い方が防犯性能が高くなります。
AGCにおいては、防犯レベルとしてSG60レベル→中間膜の呼び厚さが1.5ミリの合わせガラス、SG90レベル→中間膜の呼び厚さが2.3ミリの合わせガラス をご用意しています。
Q172:「ラミシャット」は防犯性能はありますか?
A:
防犯性能がある「ラミセーフセキュリティー」と同様に、PVB(ポリビニールブチラール)膜が主体となっていますので、防犯性能を有してます。
但し、採用されるガラス板厚構成によっては中間膜の厚みが異なるため、防犯性能が十分でない構成となる場合もありますので、ご採用に際しては、ガラス取扱店等に確認をお願いします。
Q036:防犯ガラスとは割れないガラスですか?
A:
割れないガラスではありません。手が入る大きさまでガラスを切り開けるのに一枚ガラスよりも時間がかかり、泥棒に入られにくくするガラスです。
Q037:防犯ガラスだけで窓の防犯は万全ですか?
A:
より防犯性能を高めるためにはガラスのみではなく、サッシの種類、施工状況およびクレセント錠、補助錠の条件によっては防犯性能が発揮されない場合があります。
補助錠の追加やセキュリティシステムの採用など総合的な対策をおすすめいたします。
Q178:「カラーラミセーフ」は2色しかないのですか?特注色は可能ですか?
A:
乳白とブラウンの2色のみです。また、特注色は受注しておりません。
なお、「カラーラミセーフ」以外の合わせガラスで色調のヴァリエーションを持つ品種としては、「ラミトーン」「ラミコレ」「ラミスカイ」「ラミセーフ熱線吸収板ガラス仕様」などがありますので、用途に応じて検討願います。
Q038:防犯フィルムの取扱いはありますか?
A:
AGCではお取扱していません。フィルムメーカーにお問い合わせください。
Q180:「ラミセーフセキュリティー」と「セキュレ」の違いは何ですか?
A:
どちらも、防犯性能および地震や耐風等の自然災害に対する防災効果が高い合わせガラスです。
「セキュレ」は盗難および台風被害に対するお見舞金制度付きとなっています。

25件中 1 - 10件を表示しています。123次ページへ »