大開口

ガラス張りのビルを外から見た時に全面ガラスの壁面に映る青空にうっとりしたり、エントランスに入った時に3~4階分もある吹き抜けの高いガラス空間を見上げたり、外に広がる景色をうっとりと眺めたりすることがあります。光をたっぷりと建物の内部に採りこみ、壁があることを意識させない広がりを感じさせるのが“大開口”ガラスシステムです。

ガラスシステムは、「ガラス+部品」または「ガラス+部品+支持部材」などをひとまとまりと捉え、システムとして機能することにより高い性能やひと味違う性能を示し、「透明美」をコンセプトとしたガラスの特性を最大限に発揮した商品群です。