ラミセーフシェルター

防犯性

防犯性

住宅対象侵入窃盗の侵入口で最も多いのは「窓」で、実に全体の63%に相当。
そのうち、空き巣の侵入手段は「ガラス破り」が最も多く、67.7%に上ります。
ガラス破りの方法は「こじ破り」「うち破り」「焼き破り」など多岐にわたり、年々その手口が多様化、凶悪化しています。
侵入手段として最も狙われやすい窓ガラスの防犯性能を高めておくことは非常に重要です。

東京都区内では、窓からの侵入盗の約10件に1件は2階以上の階層が狙われるとの報告もあります。
防犯ガラスは1階のみに使われることが多いですが、暴風時の飛来物貫通リスクのある2階以上の階層にも防犯強化を合わせてラミセーフシェルターの使用をおすすめします。

  • ※出典:JUSRIリポート別冊No.8,9「防犯環境設計ハンドブック」

ラミセーフシェルター 防犯面での特長

ラミセーフシェルターの断面図

  • 3ミリ + 特殊フィルム60mil + 3ミリ
    (上記は、呼び厚さ7.5ミリのガラス構成の場合)

ラミセーフシェルターの特殊フィルムの厚さは60mil(約1.5ミリ)であり、一般的な防犯ガラスの2倍の厚さのフィルムを使用しているため、防災性能に加え、より高い防犯性能を有します。
また、その防犯性能の高さから、「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」で定められた試験に合格した商品として、CPマークの表示が認められています。

CP認定品

ロゴ画像:CPマーク

  • CPマーク
    「防犯(Crime Prevention)」の頭文字をデザインしたマーク。
    優れた防犯性能を有することを示す。
    ※CPマークは基準を満足する部品に表示できるマークであり、窓としての防犯性能を保証するものではありません。

CP認定品とは、警察庁や国土交通省、経済産業省、民間団体などで構成された「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」で定められた試験をクリアした商品のことを指します。
ガラスの場合は、「こじ破り」「打ち破り」「焼き破り」のすべてに対し、決められた条件をクリアした商品のみCP認定品としてCPマークの表示が可能です。
ラミセーフシェルターは、このCP認定品として高い防犯性能を誇ります。