ラミセーフシェルター

防災安全合わせガラス

アイコン BL-bs

ラミセーフシェルターの特長

近年、毎年のように「数十年に一度」と言われる大型台風が発生し、風災や洪水による甚大な被害が起きています。また、「地震大国」と呼ばれる日本では、いつどこで大地震が発生するか分かりません。安全・安心な暮らしを実現するためには、こうした災害に備え、窓ガラスの防災安全性を高めることが重要です。
<ラミセーフシェルター>は、2枚のガラスの間に厚さ60mil以上の柔軟で強靭な特殊フィルムを挟んだ構造の「防災安全合わせガラス」です。
ガラスの耐貫通性に優れ、さらに特殊フィルムとガラスの強固な接着固定により、ガラスの飛散防止性を有します。

5つの製品特徴

ラミセーフシェルター断面図

  1. 1.衝突物が貫通しにくい
  2. 2.破片が飛散しにくい
  3. 3.紫外線遮蔽効果
  4. 4.高い防犯効果(CP認定品
  5. 5.優良住宅部品(BL-bs認定品)
    • ※ここでは、「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」で定められた試験に合格した商品をCP認定品と呼びます。

アイコン 防災安全ガラス

<ラミセーフシェルター>は特殊フィルムの厚みが60mil以上の「防災安全合わせガラス」です。2枚のガラスが特殊フィルムに強力に圧着されているため、屋根瓦の破片相当の飛来物が衝突してもガラスを突き抜けることはなく、衝突から人や家具を守ります。また、破損した場合も破片がほとんど飛び散らず、またガラスが窓枠から抜け落ちにくいため、被災後も継続して生活を維持することができます。高い防犯性能も兼ね備え、紫外線を99%以上カットし、家具や壁の色あせを抑える効果があります。

ラミセーフシェルターの仕様・性能

基本仕様
表:基本仕様

ラミセーフシェルターの主な特性

ラミセーフシェルターの関連商品

ラミセーフシェルターに関連する記事・特集

非住宅助成制度について
リフォームの種類や内容によっては、国あるいは自治体などから様々な補助・助成・減税制度が適用される可能性があります。