Javascript is disabled.


耐久性・紫外線カット

耐久性・紫外線カットDurability

メンテナンスフリーの耐久性と99%以上の紫外線カット率を備えたガラス

安心・信頼の実績

ラミセーフシェルターに採用された合わせガラス技術は、建築用ガラスとして、また自動車用ウィンドシールド(フロントガラス)として
長い実績と信頼性があります。長期間にわたり透明感を維持することが可能です。

合わせガラスの実績1

【合わせガラスの実績1】 建築用ガラス

万が一のガラス破損に備え、ガラス飛散・脱落を抑制し、周囲の人の安全性を確保する役割があります。

合わせガラスの実績2

【合わせガラスの実績2】 自動車用ウィンドシールド

運転時、飛び石などの飛来物からの保護、事故が起きた時の被害軽減など、ドライバーと同乗者の安全を確保する役割があります。

紫外線対策 99%以上カット

紫外線が及ぼす影響は、肌だけではなく、床や家具などのインテリア材の劣化に影響を及ぼします。
ラミセーフシェルターは、室内への紫外線の透過を抑え、大切な家財を守ってくれます。

合わせガラスと透明板ガラスの透過率比較

合わせガラスと透明板ガラスの透過率比較

ラミセーフシェルターの紫外線カット率は、99%以上です。

紫外線には、「UV-A」、「UV-B」、「UV-C」の3種類があります。
波長が短いほど、人体やインテリア材への影響が大きくなります。
波長の短い順に、「UV-C」、「UV-B」、「UV-A」であり、「UV-C」はオゾン層で吸収されるため、地上にはほとんど到達しません。
「UV-B」は、波長が短いために真皮には到達しませんが、表皮にさまざまなダメージをもたらします。
ヤケドをしたように肌を赤く炎症させるサンバーンや、メラニン色素が沈着して肌を黒くするサンタン、シミやそばかすの原因になります。
「UV-A」は波長が長いために、美しく健やかな肌の源である真皮層にまで到達し、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞を傷つけてしまいます。
そのため、「UV-A」を浴びてしまうと、肌は弾力を失い、シワやたるみといった見た目の印象を大きく左右する肌悩みを引き起こしてしまうのです。

「UV-B」や「UV-C」は、皮膚だけへの影響に留まらず、室内の床材・家具・カーテン・インテリアなどの日焼け・劣化に影響する場合があります。

窓から光を取り込むことは、快適で開放感のある空間作りに必要です。
差し込む光から紫外線をカットできるラミセーフシェルターは、より快適な空間を提供してくれます。

参考:資生堂HP「サンケアブック」

合わせガラスと透明板ガラスの透過率比較表
ラミセーフシェルターTM FL3+FL3 紫外線カット率99%以上
【特長】

一般のガラス板と同等の可視光透過率を維持しながら、
特殊フィルムによって99%以上の紫外線をカットします。