Javascript is disabled.



防災の備え・透明バリアConcept

いつどこで発生するか分からない災害に備える

防災の備え

近年、毎年のように「数十年に一度」と言われる大型台風が発生し、風災や洪水による甚大な被害が起きています。
また、「地震大国」と呼ばれる日本では、いつどこで大地震が発生するか分かりません。
安全・安心な暮らしを実現するためには、こうした災害に備え、窓ガラスの防災安全性を高めることが重要です。

台風被害

台風被害

台風被害

日本各地に被害をもたらす台風。
近年、これまでにない強さで接近・上陸する懸念が高まっています。
台風などによって飛ばされた飛来物が窓に当たり、
ガラスが破損する被害が後を絶ちません。

窓ガラスの防災安全ポイント
耐貫通性
飛来物が室内に突き抜けにくい
ガラス飛散防止性
ガラスが室内に飛散しにくい
地震被害

地震被害

地震被害

建物の揺れで家具が倒れ、窓ガラスが破損する危険性があります。
室内へのガラス破片の飛散は、切りキズなどの危険性に加え、避難の妨げにもなりかねません。

窓ガラスの防災安全ポイント
ガラス飛散防止性
ガラスが室内に飛散しにくい

ラミセーフシェルター優良住宅部品(BL-bs部品)「防災安全合わせガラス」の認定を取得

ラミセーフシェルターは、2枚のガラスの間に厚さ60mil以上の柔軟で強靭な特殊フィルムを挟んだ構造の「防災安全合わせガラス」です。
ガラスの耐貫通性に優れ、さらに特殊フィルムとガラスの強固な接着固定により、ガラスの飛散防止性を有します。

3ミリ+特殊フィルム1.5ミリ+3ミリ
3ミリ + 特殊フィルム60mil + 3ミリ (上記は、呼び厚さ7.5ミリのガラス構成の場合)

5つの特長

  • 衝突物が貫通しにくい
  • 破片が飛散しにくい
  • 紫外線遮蔽効果
  • 高い防犯効果(CP認定品※) ※ここでは、「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官
      民合同会議」で定められた試験に合格した商品をCP認定品と
      呼びます。
  • 優良住宅部品(BL-bs認定品)
優良住宅部品(BL-bs部品)「防災安全合わせガラス」とは
BL-bs部品認定とは

【特長1】防災安全性

自然災害から守る
飛来物・衝突物から
家族・家財の安全を守る

詳しく見る

【特長2】耐久性・紫外線カット

信頼の実績
メンテナンスフリー
99%以上の紫外線カット

詳しく見る

【特長3】防犯性

侵入盗から守る
ガラス破りに対して防犯性の高い
CP認定品

詳しく見る

サンバランスシェルター 省エネ効果と防災安全性を兼ね備えた理想的なガラス

3ミリ+特殊フィルム1.5ミリ+3ミリ

複層ガラスでさらに4つのプラス効果!

透明バリアの価値

いつどこで発生するか分からない自然災害。
ベニヤ板やトタン板で窓ガラスを覆ったり、シャッターや雨戸を閉めたりする余裕がないケースもあります。
ラミセーフシェルターは、防災安全性を常に発揮でき、かつ光を取り込み開放的でヒトのこころを豊かにする
窓本来の役割を維持できる“透明バリア”のような製品です。

透明バリア!
“常時”の備え
×
すっきり“開放感”
“非常時”の備え
×
窓の“閉鎖”

窓ガラスの防災手段

窓ガラスの防災手段

いつ どこで 発生するか
分からない災害に備える

ラミセーフシェルターは常時、防災安全機能を発揮していて、窓本来の役割である光を取り込む解放感もある。 ラミセーフシェルターは常時、防災安全機能を発揮していて、窓本来の役割である光を取り込む解放感もある。