サンジュール®

自由設計と意匠性

カスタムメイドによる自由設計が可能

サンジュールは通常の太陽光パネルとは異なり採光性を確保し、開放的な空間を演出します。以下のように設計の自由度が高い製品です。

  • ガラスサイズ:大型サイズの対応が可能です。(最大2000mm×3800mm)
  • ガラス形状:矩形(四角)以外も対応可能です。詳しくはご相談ください。
  • セル配置:一定の条件のもと自由なセル配置が可能です。
  • ガラス構成:合わせガラスタイプに加え、合わせ複層ガラスタイプ(網入板ガラスやLow-Eガラスとの組合せ)も可能です。
  • 取付構法:サッシ枠に納めるだけでなくフレームレス構法も可能です。
  • ラインナップ:単結晶セル(片面セル/両面セル)のほか、眺望を活かせるサンジュール SUDAREや壁面緑化を演出できるサンジュール GRを選択頂けます。

カスタムメイド性が高く、お施主様・設計者の意思に沿ったデザインを実現します。

眺望と発電量を両立した事例

事例:農大アカデミアセンター

農大アカデミアセンター

  • セル配置をガラス下段に寄せることで眺望を活かしたデザイン
  • 両面セルを使用し、より効果的な発電を実現。

樹木をモチーフにした庇で木漏れ日感を演出した事例

事例:ゼロエミッション国際共同研究センター

ゼロエミッション国際共同研究センター

  • 設計者の意図として、庇全体で”樹木”をモチーフにしています。脱炭素化のシンボルとして”ゼロエミの木”と名付けられています。
  • セルは葉を模してランダムに配置されており、セルの影が”木漏れ日感”を演出しております。
  • 樹木の有機形状を表現するためガラスエンジニアリング力を活かした3D構造の庇です。