サンスモークカット®T

ガラス防煙壁

サンスモークカットTの特長

大震災を想定し、耐震性を大きく向上させたシンプルなデザインのガラス防煙壁です。

閉じる
  • 特性・用途
  • 標準仕様
  • 納まり

特性・用途

▼特性

  • ●ガラス吊り金具などの支持部材は、大震災クラスの揺れを想定した強度設計をしています。地震時に破損しやすい壁との取り合い部には、動きを吸収するガスケット付きの吊り金具を用い、地震時の変位を吸収します。さらに、ガラス下辺には化粧材を取り付けるため、万一のガラス破損時の破片落下を防止します。
  • ●十分な安全性を保ちながら、シンプルなデザインのために目立たず、インテリアのイメージや視野を妨げません。

▼主な用途

防煙区画に使用する防煙壁

標準仕様

▼サンスモークカットTの標準仕様

  • ●フレーム仕様

 一般天井用、システム天井用、直付け用の3種類

  • ●ガラス仕様

 品種:網入板ガラス(ヒシワイヤ、クロスワイヤ)または線入板ガラス(プロテックス)
 呼び厚さ:6.8ミリ
 最大寸法:500型 1829×500mm
      800型 1829×800mm

納まり

標準納まり詳細図(一般天井用)

サンスモークカットTの主な特性

サンスモークカットTの関連商品

サンスモークカットTに関連する記事・特集

非住宅助成制度について
リフォームの種類や内容によっては、国あるいは自治体などから様々な補助・助成・減税制度が適用される可能性があります。