新しい学校建築のデザイン

学習環境はオンライン授業、アクティブラーニングなどにより、主体的な学習手法への対応が求められています。
また学校建築は小・中学校の統合、コミュニティ施設との複合など地域の拠点化の傾向が見られます。
大きく変化する状況にある学校建築のこれからのデザインを建築家とともに考えます。

開かれた教室、地域コミュニティの拠点化をめざして

第1話

開かれた教室、地域コミュニティの拠点化をめざして

赤松佳珠子+大村真也|シーラカンスアンドアソシエイツ(CAt)

2021.04.19

教育施設を数多く手がけるシーラカンスアンドアソシエイツ。そのエッセンスがつまった近作のひとつ「流山市立おおたかの森小・中学校 おおたかの森センター こども図書館」から学校建築についてお話をうかがった。

企画・インタビュー:中崎 隆司

詳しく見る