テンパライト®

強化ガラス JIS R 3206 強化ガラス

テンパライトの特長

<テンパライト>は、同じ呼び厚さのフロート板ガラスの約3.5倍の耐風圧強度を持つ強化ガラスです。ビル・オフィス、店舗、スポーツ施設の開口部、ガラスフェンス・手すり、ホテルの浴室などにおすすめです。
万一の破損の際には、破片が細かい粒状になるため、破片が当たっても負傷の恐れが軽減されます。

閉じる
  • 強化ガラス
  • 安全ガラス
  • ラインナップ

強化ガラス

<テンパライト>は、板ガラスを加熱急冷し、ガラスの表面に高い圧縮応力層を形成することで、普通のフロート板ガラスに比べて強度が高く、割れにくくなっています。
透明タイプ<テンパライト>、型板タイプ<ミストロンエース>のガラス面には、「TEMPERLITE」のマークが打刻されています。
なお、強化ガラスは、「ガラスの中に存在する不純物に起因するキズ」により不意に破損する可能性があります。採用をご検討いただく際には、設計・施工上のご注意をご確認ください。

安全ガラス

安全ガラス

<テンパライト>は割れないガラスではありませんが、大きな衝撃等により万一割れても破片は細かい粒状になり、大きな傷害事故を減少させます。強さと安心を備え、暮らしを守る透明強化ガラスです。
割れてもガラスを飛散させない安全ガラスが必要な場合は<ラミセーフ>を検討ください。

ラインナップ

<テンパライト>のラインナップは下表の通りです。

商品名 仕様 呼び厚さ(ミリ)
テンパライト(透明) 透明ガラスタイプ 4、5、6、8、10、12、15、19
熱線吸収テンパライト 熱線吸収ガラスタイプ 5、6、8
サンルックスTテンパライト 熱線反射ガラスタイプ 6、8
テンパライトNS(透明のみ) ヒートソーク処理なし品 4、5
ミストロンエース 型板ガラスタイプ 4
  • 注)<テンパライト>は不意の破損の発生確率を下げるためのヒートソーク処理を施しています。
    呼び厚さ4ミリ、5ミリのガラスは不意の破損の発生確率が比較的低いためヒートソーク処理を施さない<テンパライトNS>をご用意しています。

テンパライトの仕様・性能

  • 寸法表
  • 熱・光学性能値

寸法表

寸法表

熱・光学性能値

<テンパライト>の熱光学性能は、素板と同等です。

テンパライトの主な特性

テンパライトの主な用途

テンパライトの関連商品

テンパライトに関連する記事・特集

非住宅助成制度について
リフォームの種類や内容によっては、国あるいは自治体などから様々な補助・助成・減税制度が適用される可能性があります。