ピロベル

耐火・遮熱積層ガラス

ピロベルの特長

<ピロベル>は、板ガラスとケイ酸ソーダ系樹脂を交互に積層した、耐火・遮熱積層ガラスです。火災時の熱放射を遮断、避難経路・時間を確保します。ガラス飛散防止や耐貫通性に優れ、高い遮音性も実現できる、透明耐火間仕切り壁として、防火区画から閉鎖的なイメージを払拭します。

閉じる
  • 熱遮断性
  • 耐貫通性
  • 遮音性

熱遮断性

ピロベル断面図イメージ

呼び厚さ(ミリ) ガラス構成
透明 25 3+樹脂+3+樹脂+8+樹脂+3+樹脂+3
  • *樹脂:ケイ酸ソーダ系樹脂

<ピロベル>は、板ガラスとケイ酸ソーダ系樹脂を交互に積層した、耐火・遮熱積層ガラスです。火災時にケイ酸ソーダ系樹脂が発泡して遮熱層を形成し、熱放射を遮断、避難経路・時間を確保します。ケイ酸ソーダ系樹脂が発泡すると、白濁して不透明になるため、高温になっている場所を知ることができます。<ピロベル>は60分間耐火・遮熱性能を保ちます。 <ピロベル>は内装用途に限定されます。

■耐火・遮熱のしくみ
(イメージ図)火災時にガラス間のケイ酸ソーダ系樹脂が発泡して遮熱層を形成します。加熱側から順次に発泡することにより、1時間の耐火・遮熱性能を保ちます。耐火・遮熱のしくみ(イメージ図)

耐貫通性

<ピロベル>は、ガラスとケイ酸ソーダ系樹脂による積層構造なので、万一破損してもガラス破片が飛散しにくく、衝撃物が貫通しにくくなっています。

遮音性

<ピロベル>はガラス単体でJIS A 4706のT-3等級相当の遮音性能があります。可燃物が比較的多い場所で、静粛性が要求される図書館や病院、学校などに効果的です。

ピロベルの仕様・性能

  • 寸法表

寸法表

寸法表

ピロベルの主な特性

ピロベルの関連商品

ピロベルに関連する記事・特集

非住宅助成制度について
リフォームの種類や内容によっては、国あるいは自治体などから様々な補助・助成・減税制度が適用される可能性があります。