スクールバリア

学校・公共施設用 安全合わせガラス

スクールバリアの特長

図 ススクールバリア断面図

近年、大型化する台風や暴風による甚大な被害が後を絶ちません。また、地震大国と呼ばれる日本では、いつどこで大地震が発生するかわかりません。
学校は、生徒たちの学びの場だけでなく、文教施設として地域コミュニティの拠点としての役割や、災害時には地域の避難所としての役割が求められます。生徒や地域住民の安全を確保するため、学校の窓の防災対策の重要性が高まっています。
スクールバリアは、2枚のガラスの間に厚さ30mil(約0.75ミリ)以上の柔軟で強靭な特殊フィルムを挟んだ構造の合わせガラス」です。ガラスの耐貫通性に優れ、さらに特殊フィルムとガラスの強固な接着固定により、ガラスの飛散防止性を有します。また、特殊フィルムによって紫外線カット効果も有します。

スクールバリアの仕様・性能

基本仕様
基本仕様

スクールバリアの主な特性

スクールバリアの主な用途

スクールバリアの関連商品

スクールバリアに関連する記事・特集

非住宅助成制度について
リフォームの種類や内容によっては、国あるいは自治体などから様々な補助・助成・減税制度が適用される可能性があります。